読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「優勝」

本日の別大マラソンはロンドン五輪6位の中本健太郎さん(安川電機)が2時間9分32秒でマラソン初優勝を飾り、世界陸上切符へ名乗りを挙げました。

34歳で実に14度目の挑戦で悲願の初優勝を成し遂げたんだけど
「本当に別大で優勝したかったので、優勝できてうれしい。」「タイム的には物足りないものはあるんですけど優勝が目標だったのでうれしい」と「優勝」にこだわったレースだったことを話していた。

陸上に限らずスポーツのチームや選手たちには、「優勝」という目標があります。
陸上の場合は「記録」の目標もありますし入賞を目指すとか上位に入るとかも目標のうちだとは思います。
でもやっぱり「優勝」がわかりやすくて目に入りやすいのです。

観客席にいるときに、ぼくはネオだけでなく好きな選手や学校に「優勝してほしい」と思ってます。
時にはもう、選手たち以上に優勝を意識しているかもしれないくらい必死な思いで観ていたりします。

ぼく(ら)が主役の仕事場や社会生活に戻ったときは優勝ということばを忘れています。
おとなたちの生きている日常の世界に、どうやら優勝という概念がないようなのです。

だからじぶんで優勝をつかみ取ることができる(かもしれない)優勝を目指せる(これは誰でもできる)ようなネオたちの環境はとても貴重でうらやましく大切にしてほしいと思うのです。

そんな思いをそのまま今のネオに伝えても、理解できないでしょうから言いませんけどね(ぼくの現役時代がそうでしたから)

岡山市の大会での優勝、備前西地区での優勝、県大会での優勝…
特にネオがやってる100mや200mは参加人数も多く同じ優勝を狙ってるライバルもたくさんいるわけだから自分の息子ながらたいしたもんだと思うのです。

もちろんネオには優勝以外のたくさんのものを陸上を通じて学んでほしいと思っていますが、優勝することで得られる次の機会というのもあるし「護る」ための必死さみたいなものや「失う」恐怖があることもぼくは知っていますので、そういう感情との戦いもまた勉強かなと思っています。

翌年以降のプログラムの「大会記録」に名前を残せるのも「優勝者」だけなんだよねぇ
そりゃぁそんなチャンスがあるのは今のところ陸上だけですから地味~な冬場の練習も頑張りますわ

 

 

250M走

倉敷陸上競技場での練習
ネオ、廉、航大、雅弥、孝太、心優、日奈、久しぶりにほぼ全員集合

全体アップの後は専門練習でネオはスピード持久力トレーニングで250Mのタイムトライアル

昨日からの体調不良もあり、良くても32秒(100m平均13秒)くらいかなと思っていたら…

 1本目:30”00 ちょうど100m平均12”00)

…でも1本目まででした

1本目と2本目のレストを15分(たぶん)に設定していたようですが時間が来ても立ち上がれずヘロヘロ、コーチにレストの延長を申請し5分延長
ホントは1本目で終了したそうでしたが、コーチも最近の気持ちの緩みに気付いていて鬼になってくれたので2本目をしぶしぶスタート

 2本目:31”50

さすがにゴール後はグラウンドにころがったまま10分動けずタイムトライアルも終了。

大きな目標達成のためには28”50で3本走りきらないとね。

藤本家陸上部訓

昨日の練習を体調不良で休んでしまったネオ

体調不良の原因は中学2年生のお子さんを持つ多くの親御さんを悩ませているだろうと思われる『携帯ゲーム』

土日の連休を前に金曜の夜遅くまでゲームに興じおなじ態勢(おへその前あたりの携帯をじっと見つめる姿勢)で何時間も遊んでいたため、土曜の朝はなかなか起きられず。
起きてきたと思ったら「頭と首が痛いから練習休む…」とかぬかしよります(怒!)

これまでにも陸上に対する謙虚さや岡山代表としての自覚、支えてくれている周りの人たちへの感謝などなど、欠落している部分が多すぎると注意しつづけてはいますが、今のネオに理解することはむつかしいでしょうね

我が家のリビングに今年の目標と並べて貼ってある「藤本家陸上部訓」
倉敷TFCに入るときに僕が作った行動訓みたいなものですが、「なんで理解できないんだよ~」と改めて読み返してみたのは当のネオではなく僕のほうでした(。◝‿◜。)

情けない…

 

 

藤本家陸上部訓   2015/09/01

1. 目標を明確にする
① 目標は一日を支配する。
誰のためのでもない自分のためだと本気で思う。
② 計画(目標設定)→実行→反省→計画のサイクルをまわす。
(反省が大切)
③ 技術と体力だけでなく頭(考え方)を鍛える。
具体的ではない「がんばる!」は何もしないのと同じ。
④ いい時も悪い時も記録(練習日誌)を残す。
⑤ 10年後の目標3年後の目標1年後の目標次の大会の目標のために
今日の目標を立てる。(未来から逆算して計画する)
⑥ 「やればできる」は嘘、やってもできないことはある。
とことんやってできないときは目標を変更する。
⑦ 大会・競技会は日ごろの練習の成果を検証する場。
練習の内容の差が結果の差になる。

2. 時間を大切にする
① 行動にメリハリをつけ自分と相手の時間を無駄にしない。
② 予定時間の5分前を目標に準備・確認を行う。
③ 待たせるくらいなら待つようにする。
④ やるべきことを先にする。

3. 挨拶と感謝
① コーチ・顧問・クラブの仲間・父兄・先輩・ご近所への挨拶は感謝をこめて行う。
② 相手の目を見てハッキリと聞き取れる声で話す(伝える)。
③ 今のじぶんを支えてくれる環境(人・物・機会)に感謝し大切にする。

4. いい仲間と競う
① レベルの高い人達と積極的に交流(情報交換)し、いいところを学ぶ。
② ネガティブな発言をする人とは付き合わない。

5. 陸上競技は成長するための手段
① 陸上は将来なりたいものになりやすくする手段でもある。
②勉強、遊びの計画をバランスよく考える。
③陸上だけでは生きていけない。

 



 

久しぶりの競技場練習

1月22日は久しぶりに倉敷競技場での練習
さぶい!さぶい!
練習している子供たちは平気なのか、練習が進むにつれて薄着になっていくんですが、親たちは日が当たって風の当たらない場所でぶるぶるですわ。

ロングジョッグやハードルドリル、マーク走の後は100mのタイムトライアル3本。
1本目 :11”52 2本目:11”48 (風は少し追ってたかな)3本目は久しぶりのスパイクに靴擦れ発生でNO TRY
スピード練習を全くしていないこの時期にしては早くねぇか!?
1年前の練習時のタイムを調べてみたら 12”60…練習環境が変わっとはいえ記録が良すぎるんじゃないかと変な心配。
でも、もっとびっくりしたのは廉くんが 10”98と11”22。練習とはいえ、廉くん人生初の10秒台で大興奮!

この時期のタイムはシーズンでの結果にどのように繋がっていくのかは想像つかないんだけど二人とも大きな目標に向かって順調に鍛錬期の練習をこなしているようなり(。◝‿◜。)

 

昨シーズン(2016年)を振り返って

しばらく大会もなく今年も3月までじみーな練習練習だけなので昨シーズン(2016年)を振り返ってみました…
一言でいうと昨シーズンはホントにいいシーズンでした。いや出来過ぎくらいに思える一年でした。
小学4年生から陸上を始めたネオですが大会でこれといった『活躍』は見当たらず昨シーズンをむかえました。
ただ「走るのが楽しい」「陸上の仲間が好き」というだけで陸上をやってたんだから『活躍』できないのも当たり前なんでしょうけどね。

中学生になった一昨年も

  • 100mが12”40で同学年県6位
  • 200mも25”58で同学年県6位

全県レベルの大会では毎回決勝に残るものの、上位3名には全く歯が立たず4位~6位が定位置…

それが2年生になった昨シーズンが終わってみれば

  • 100mが11”64で秋の新人戦2位
  • 200mは23”06で新人戦優勝!

県の代表で100m・200mともに中国大会出場を果たし飛躍の年になりました。苦節4年…(笑)


中学校の陸上部がゆるゆるで顧問は陸上の経験がなく嫌々やってる感満載。(大会のたびにいろいろ文句を言ってました←モンスターなんとかかな)

先輩たちは最初から勝負をあきらめ大会があってもエントリーすらしないし練習にもほとんど出てこない、名前だけの陸上部員がほとんどでしたから1年生のネオが高いモチベーションをもって陸上部で練習するのは難しかったんだろうなぁと思うのです。

そのうえ熱心な親(ぼく)があちこちの記録会にエントリーしたり取り組む姿勢がなってないとか言うもんですから、よく陸上が嫌にならずに続けたんだとちょっと感心。

学校の部活があてにならないので、あちこちのクラブチームの所へ行って話を聞いたりしましたが、どのクラブも癖のある指導者で(ネオもぼくも)うまくやっていける気がせず、ぼくの休みの日に競技場までふたりで行って個人練習するような1年でした。

そんなこんなで1年が過ぎるころたまたま教えてもらったのが今のクラブ「倉敷TFC」です。
少人数でアットホーム?な第一印象でしたがネオ本人が「ここでやりたい」と、はじめて自己主張したことで即入部。

今シーズンの好調は冬場の鍛錬期にしっかり鍛えていただいたおかげだということは間違いないんじゃないかな。
そして仲良しでライバルの廉くんが同じクラブにいることもネオのメンタル面にいい影響があるような気がしてます。

さて、今シーズンはどうなるかな…?
全中の決勝を目標にモチベーションは最高潮のようです。

今シーズン目標の詳細は今シーズンの目標 - On your marksにて

 

 

 

全国都道府県対抗女子駅伝

長距離レースはあまり好きじゃないぼくですが

駅伝だけはかなり好きです。

ぼく自身、学生時代の専門は短距離でしたが

冬場になると駅伝にもはりきって参加してました。

なんていうんですかねぇ…

陸上って個人種目で一人勝手で

みんなで協力してやることにあこがれがあったし

リレーより戦術みたいなものがあって面白かったです。

 

そんなわけで今年も 全国都道府県対抗女子駅伝

わくわくしながら観戦しました。

岡山に移住してもう25年目なのに

昨年まではずーっと出身地の兵庫を応援してました。

でも今年は娘のクラスメート金光由樹さん(操山高)や

時々同じ競技場でネオたちと練習している

山本晏佳吏さん(琴浦中)も出場することもあって

初めて岡山チームを真剣に応援

やっぱり身近な人がいると見方が変わりますねぇ。

激しい雪の降る中、岡山チームは僅差の2位でしたが

1区20位から追い上げたチーム中心での観戦は

なかなか見ごたえがありました。

次の日曜日は男子駅伝…

男子駅伝はまだ兵庫中心の観戦かな(笑)

 

 

 

 

備南たましまロードレース大会

備南たましまロードレース大会

(中学生3㎞の部エントリー)

あぁ~雪!最悪の道路状態!!
コースとなる新幹線の下は日も照らず、靴でスケートが出来る状態
ネオと航大*1がアップ中に大会中止が決定し

大会が準備してくれた豚汁を頂いて帰宅…

ネオはそれほど燃えるものがなくお気楽参加のようでしたが

今後の競技人生の中で種目変更や混成競技へ転身の可能性?

なんてことを考えると走ってほしかったのですが

ツルツル、テカテカの路面でけがをしては元も子もないですね。

 

 

 

 

*1:倉敷TFC2年。クラブ一番のお調子者。専門:110H/幅跳び